日本消化器病学会・甲信越支部

第46回日本消化器病学会甲信越支部
評議員会議事録

  • 日時:平成22年6月12日(土)  アピオ甲府
  • 第46回甲信越支部例会会長:佐藤 公(山梨大学第一内科、光学医療診療部)

評議員会

1.評議員推薦・異動等
  1. 本部評議員推薦
    • 小出 直彦 (信州大学集中治療部)
    • 神田 達夫 (新潟大学第一外科)
    • 坂本 穣 (山梨大学第一内科))
  2. 支部評議員推薦
    • 村木 崇(信州大学 消化器内科)
    • 堀田 欣一(佐久総合病院胃腸科)
    • 横澤 秀一(信州大学消化器内科)
    • 桑原 明史(済生会第二病院外科)
  3. 評議員の異動
    • 転出:なし
    • 転入:なし
    • 辞職:なし
    • 定年(2010年12月末):なし
2.例会、教育講演会
平成22年の例会・教育講演会
  • 第46回例会、第23回教育講演会(春):佐藤 公 先生(山梨県:山梨大学第一内科)
  • 第47回例会、第24回教育講演会(秋):藤井 秀樹 先生山梨県:山梨大学第一外科)
    (第69回内視鏡甲信越地方会と合同)
平成23年の例会・教育講演会
  • 第48回例会、第25回教育講演会(春): 曽我 憲二(日本歯科大学附属病院内科)
  • 第49回例会、第26回教育講演会(秋): 成澤 林太郎 (新潟大学光学診療部)
    (第71回内視鏡甲信越地方会と合同)
3.市民公開講座
<平成22年度>第53〜55回
  • 第53回:新潟大学 第一外科 白井 良夫
  • 第54回:山梨中央病院 小嶋 裕一郎
  • 第55回:独立行政法人国立病院機構まつもと医療センター 統括診療部長 古田清
4.2011年4月開催 第97回総会への研修医奨励賞
*各支部8名の参加(関東は10名)
  • 今地方会参加の8名に授与(授賞対象者選出済み)。
  • 次回地方会も8名を選び、来春の総会8名の選出は、16名の中から、8名を選ぶ。来春(2011)以降も8名を各県で公平に振り分けていく。
  • 5.<認定医制度審議会>
    1)指導医申請
      新規(2011より承認) 
    • 大越 章吾(新潟大学第三内科)
    • 和栗 暢生(新潟市民病院)
    • 五十嵐 淳 (厚生連 北信総合病院)
    • 太幡 敬洋 (新潟労災病院)
    • 中村 二郎(佐久総合病院外科)
    • 本田 勇二(富士吉田市立病院)
      更新 
    • 須田 武保(日本歯科大学医科病院)
    • 土屋 嘉昭(県立がんセンター新潟病院)
    • 梨本 篤(県立がんセンター新潟病院)
    • 藤井 秀樹(山梨大学附属病院)
    • 河野 浩二(山梨大学附属病院)
    • 河野 哲夫(市川三郷町立病院)
    • 薄田 誠一(慈泉会 相澤病院)
    • 田尻 和男(北信総合病院)
    • 高松 正人(佐久総合病院)
    • 関根 厚雄(新潟県立 吉田病院)

    2)認定施設申請
      新規
    • 地方独立行政法人長野県立病院機構 須坂病院
    • 独立行政法人労働者健康福祉機構 新潟労災病院
      更新
    • 市立甲府病院
    • 市川三郷町立病院
    • 佐久総合病院

    3)関連施設申請
      新規(2010より承認) 
    • 厚生連富士見高原病院(諏訪赤十字病院)
    • 亀田第一病院(新潟大学医歯学総合病院)
    • 市立大町総合病院(独立行政法人国立病院機構まつもと医療センター松本病院)

    4)認定施設の資格消失
    • なし

    1. 指導医(専門医制度規則第19条参照)
    第19条 指導医認定を申請する者は,次の条件を全て満たすことを要する.
      1.専門医を育成するために消化器病診療に関する豊富な学識と経験を有すること.
      2.申請時において継続12年以上本学会の会員であること.
       ※本年は1998年6月30日以前に入会し、継続会員歴が12年以上の方が該当
      3.申請時において専門医の資格取得後8年以上であること.
       ※本年は専門医資格を2002年1月1日(含む)以前に取得している方が該当
      4.認定施設に常勤すること.
    2. 認定施設(専門医制度規則第10条参照)
    第10条 認定施設認定を申請する診療施設は,次の条件を全て満たすことを要する.
      1.消化器系病床として常時30床以上有すること.
      2.指導医1名以上,専門医2名以上が常勤していること.
       (※専門医資格取得者が3名以上いる上で,1名以上の者が指導医(指導医申請対象)であること)
      3.指導医の責任の下に十分な指導体制がとれること.
      4.研修カリキュラムに基づく研修が可能であること.
      5.剖検室を有すること.但し,関連する剖検施設を含むものとする.
    3. 関連施設申請(専門医制度規則第11条参照)
    第11条 関連施設は,次の条件を全て満たすことを要する.但し,関連施設認定の申請は認定施設が行うこととする.
      1.消化器系病床として常時20床以上有すること.
      2.専門医1名が常勤していること.
      3.当該認定施設からの指導医が十分な指導体制がとれること.但し,原則として指導医1名に対し関連施設1ヵ所に限るものとする.

    (2)前項第3号の条件を満たさない場合,指導医責任者の推薦があり,専門医2名以上が常勤し,地区委員会が認めた施設については,認定することができる.

    (3)前2項に該当しない場合でも,地域的背景を考慮し特別措置として地区委員会及び審議会の議を経て認定することができる.
    日本消化器病学会・甲信越支部