日本消化器病学会・甲信越支部

第57回日本消化器病学会甲信越支部
評議員会議事録

  • 日時:平成27年11月21日(土)12:00-13:00 信州大学医学部附属病院
  • 第57回甲信越支部例会会長:長谷部 修(長野市民病院)

評議員会の議題

0.支部長および事務局の交代
  平成28年1月から甲信越支部の支部長を山梨大学の榎本信幸教授へ交代する。 これに伴い事務局も信州大学第二内科から山梨大学第一内科へ移動する。
監事については新潟と長野から選出される。


1.例会・教育講演会
平成28年の例会・教育講演会予定
  • 第58回例会、第10回専門医セミナー、第35回教育講演会(春):松田 正徳(山梨県:山梨大学第一外科)
    平成28年6月18日 アピオ甲府

  • 第59回例会、第11回専門医セミナー、第36回教育講演会(秋):坂本 穣(山梨県:山梨大学第一内科)
    平成28年11月19日-20日 アピオ甲府   (第81回内視鏡甲信越地方会と合同)

  • (11月3週目頃の臨床外科学会と11月第1日曜日の外科学会認定試験は日程配慮必要)

平成29年の例会・教育講演会
  • 第60回例会 春:須田 武保(新潟県:新潟県立吉田病院)
    平成29年5月27日

  • 第61回例会 秋:寺井 崇二(新潟県:新潟大学病院)
    (第83回内視鏡甲信越地方会と合同)

2.市民公開講座
平成28年の市民公開講座予定 (例会開催県を除いた2県)
  • 第69回:新潟県 新潟大学病院      寺井 崇二
  • 第70回:長野県 安曇野赤十字病院   一條 哲也   平成28年7月3日

3.評議員推薦・異動等
@ 支部評議員推薦
  • 橋本 哲       新潟大学 消化器内科
  • 山口 達也     山梨大学 第1内科

A 評議員の異動等について
  • 定年:青柳 豊 (本部役員)来年1月1日付けで名誉支部長
  •     曽我 憲二 (学会評議員)
        久米田 茂喜 (支部評議員)

  支部・本部評議員の定年:満65歳の誕生日後の12月末日
  (財団評議員:満66歳、役員:満67歳の誕生日後の12月末日)


4.平成26年度 第55回例会奨励賞の結果

演題
番号
演題名 施設 氏名   票数
30 ダクラタスビル・アスナプレビル併用療法が有効であった
自己免疫性肝炎合併C型慢性肝炎の1例
長野赤十字病院 長野 杉浦亜弓 【研修医】13
11 胃が原発と考えられた無色素性悪性黒色腫の1例 佐久総合病院
佐久医療センター
長野 山城彩乃 【専修医】9
37 巨大膵仮性嚢胞を合併した自己免疫性膵炎の一例 信州大学医学部附属病院
消化器内科
長野 中村晃 【専修医】7
36 形質細胞腫疑いにて紹介されたIgG4関連疾患と判断した
1例
新潟医療センター
消化器内科
新潟 佐藤順紀 【研修医】9
14 トシリズマブにより緩解中の関節リウマチ患者にみられた
腸管穿孔の1例
済生会第二病院
消化器内科
新潟 谷友行 【研修医】8
41 膵仮性嚢胞内動脈瘤に対してcoil塞栓術後に超音波内視
鏡下ドレナージを施行した一例
厚生連長岡中央綜合病院
消化器病センター内科
新潟 吉田智彰 【研修医】7
31 高度な黄疸を呈したGilbert症候群の1例 山梨大学
第一内科
山梨 勝麻里那 【専修医】21
3 保存的加療にて軽快した腐蝕性食道炎による食道胃接合
部穿孔の1例
山梨県立中央病院
消化器内科
山梨 堤貴大 【専修医】10
40 高齢者に対する膵癌化学療法:併用療法の有用性 市立甲府病院
消化器内科
山梨 吉村大 【研修医】9
 研修医 73票  専修医 76票

 平成28年度例会から奨励賞の開票は評議委員会後に速やかに行い、教育講演会の前に結果を発表することとする。表彰式は次回例会の評議員会で執り行うことになった。


5.研修医・専修医の総会招待について
  次年、日本消化器病学会総会への招待は研修医奨励賞受賞者から8名(甲信越支部)を選ぶ。
  平成28年は新潟3名、山梨3名、長野2名、平成29年は新潟2名、山梨3名、長野3名の予定。


6.支部長会議報告
支部長会(2015/6/15)
1)地方会評議員の基準を調査し、ある程度統一させることができるか検討する。支部長枠があるのは甲信越支部のみ。

2)研修医・専修医の総会招待者(定員92名)
  • H25年度受賞者78名中の本学会入会  初期 46%(15/32) 最終的に65%に達した
                              後期 91%(42/46)
  • H26年度受賞者69名中の本学会入会  初期 27%(10/36) 最終調査はまだ
                              後期 96%(32/33)
  • ハンズオンセミナーの評判が特に良かった。
  • 昨年の支出は638万円(予算は1094万円)
3)女性医師の参画
  女性医師の筆頭演者 甲信越支部17.2%(20/116)、日本全体15.6%(278/1784)
  女性司会者       甲信越支部17.9%(5/28)、日本全体6.3%(26/462)
  例会マニュアルに女性司会者を積極的に登用することを記載する。


<認定医制度審議会>

新規認定施設 2施設
  • 新潟県厚生農業協同組合連合会 豊栄病院
  • 新潟大学地域医療教育センター 魚沼基幹病院

新規指導医 8名
  • 進士明宏   諏訪赤十字病院
  • 横澤秀一   相澤病院
  • 三枝久能   篠ノ井総合病院
  • 中村 直   安曇野赤十字病院
  • 上村顕也   新潟大学病院
  • 齋藤 崇   豊栄病院
  • 小林正明   魚沼基幹病院
  • 須田剛士   魚沼基幹病院

認定施設更新 6施設

指導医更新 20名

過去の議事録

日本消化器病学会・甲信越支部