日本消化器病学会・甲信越支部

支部評議員・学会評議員資格とその手続き

支部評議員の申請資格 (2017年6月より)
必須条件
  1. 学会会員歴 7年以上
  2. 専門医(又は指導医)取得
  3. 学術集会での発表・司会
    総会、大会、支部例会において、下記条件のいずれかを満たすもの。
    (1) 司会・座長の経験を有するもの。
    (2) シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・これに準ずる講演の演者
      (共同演者も含む)の経験を有するもの。ただし一般演題は含まない
  4. 論文掲載   過去5年以内に消化器病に関連する学会機関紙の論文掲載があること(共著でも認める)
  5. 学会評議員以上の推薦があること
  6. 消化器病における広い見識と経験があること

任意条件
  1. 幹事会または支部長推薦枠  支部の裁量に委ねる(特に女性医師評議員の増加を目的とする)

※支部評議員の支部異動については、異動後の支部でも支部評議員として認める。
学会評議員(本部評議員)の申請資格
  1. 継続10年以上の本学会会員歴を有すること。
  2. 継続3年以上の支部評議員歴を有すること。
  3. 本学会専門医制度における専門医であること。但し、基礎系は例外とする。また、外科系にあっては、日本消化器外科学会専門医制度における消化器外科専門医でも良い。その場合は、消化器外科専門医証のコピーを同封すること。
  4. 指導医であることが望ましい。
  5. 業績(過去5年間)
    • 学会発表
      本学会総会・大会で主題演題(シンポジウム、パネルデイスカション、ワークショップ)、各種講演(特別講演、招待講演、総会ポストグラデュエイトコース)での発表が1回以上あること。
      一般演題(口演・ポスター)を除く。
      筆頭・共同演者は問わない。
    • 論文
      本学会機関誌(日消誌、JG誌、CJC誌)への発表が1編以上あること。
      総説(Review article)、原著(Original article)、速報(Rapid Communication)、症例報告(Case Report, Letter to the editor)、症例に学ぶ、Editorial
      筆頭・共同演者は問わない。
支部評議員&学会評議員の申請
  • 用紙請求 ⇒ 学会ホームページより推薦書をダウンロードする。
  • 申請送付先 ⇒ 支部評議員、学会評議員とも支部事務局 簡易書留にて支部長宛に郵送
  • 推薦書の記入に際しては、記入各所の枠(セル)を広げてはならない。
  • 申請期間:支部評議員は春と秋の支部例会の1週間前までに。本部評議員は4月1日〜6月末日(必着)
  • 学会評議員は支部で審査後、本部事務局へ送付(7月15日まで)。
  • 支部評議員は支部で審査・決定後、本部事務局へ連絡。
  • 任期は翌年1月1日から。
定数
  • 総評議員数は会員数の10%を目安とする。
  • 学会評議員の定数は、会員の4%以内を基準とする。
定年、等
  • 定年は65歳誕生日後の12月末日とする。ただし、支部役員、支部評議員が本部役員、本部評議員を兼ねる場合は本部の規定に従う。
  • 支部評議員は、評議員会を連続4回欠席すると辞職を勧告する。
日本消化器病学会・甲信越支部